インフォメーション/【動くゴッホ展】親愛なるフィンセント/デジタルファインアート展

インフォメーション

[親愛なる友フィンセント~動くゴッホ展]
福岡会場開催決定!

全国を好評巡回中の【親愛なる友 フィンセント~動くゴッホ展】が、 2024年3月15日(金)~6月16日(日)まで福岡市科学館にて開催決定しました。 ハリウッド映画で活躍するデジタルアートスタジオが手がけた動くゴッホ作品群。2017年に日本に紹介され、デジタルファインアート展の先駆けとも云える展覧会です。


■開催概要
■名称:「〜親愛なる友 フィンセント~動くゴッホ展」
■会期:2024年3月15日(金)~2024年6月16日(日) 9:30~18:00
会期中の休館日:火曜日(ただし3月26日、4月2日、4月30日は開催)
※入場は17:30まで
■会場:福岡市科学館 3階企画展示室(福岡市中央区六本松4丁目2−1)

□主催:動くゴッホ展 福岡実行委員会
   (福岡市科学館・RKB毎日放送・キョードー西日本)
□特別監修:MDK Digital Pictures
□監修:井坂 健一郎 (山梨大学大学院教授)専門
「アートとテクノロジーの融合による芸術環境の創造」
□協力:フォネット
□企画制作:ワンダースクワッド、ネオスペース

■入場料:一般1,500(1,400)円、高校・大学生1,000(900)円、
小・中学生600(500)円、未就学児(4歳以下)300(200)円
〔チケット販売窓口〕楽天チケット他各種プレイガイド
※( )内は前売り・30名以上の団体料金
※各種減免あり、詳細は福岡市科学館ホームページをご覧ください。
※中高大生の方は入場時に学生証の提示をお願いする場合があります。
※混雑時には入場制限をさせていただく場合があります。


〈 注意事項 〉
●本展覧会はデジタルファインアート展であり、本物のゴッホ作品は展示に含まれておりません。
●約1時間のコンテンツが含まれています。入場時間にご注意ください。
●新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、ご来場の際 にはマスクの着用、手指の消毒、検温等にご協力をお願い する場合がございます。また、状況によっては記載の会期、イベントの内容等が変更となる場合がございます。
最新の情報は福岡市科学館ホームページをご確認ください。

◉福岡会場イメージソングが決定!
岩田剛典「螺旋の軌跡」
プロフィール:
EXILE/三代目 J SOUL BROTHERSのパフォーマー。
音楽活動をはじめ、ドラマや映画、CMなど幅広く活動。
2021年には「korekara」をリリースし、ソロアーティスト始動。
2024年3月には2ndアルバム「ARTLESS」発売と、自身初となるアリーナツアーの開催も決定している。


◉【関連プログラム】ドームシアター番組「ゴッホが描いた星空」
投映期間:2024年3月6日(水)~2024年6月3日(月)
「ゴッホが描いた星空」が、プラネタリウムというキャンバスに今拡がります。

〈会場に関するお問い合わせ〉
福岡市科学館
TEL:092-731-2525
URL:https://www.fukuokacity-kagakukan.jp

〈展覧会に関するお問い合わせ〉
ワンダースクワッド事務局
株式会社ネオスペース
担当:樋口
TEL:055-251-9995
URL:https://www.neospace.co.jp/index.html


「親愛なる友 フィンセント~動くゴッホ展」〈岡山・杜の街〉ゴッホと出会う感動 好評のうちに終了しました!

岡山県岡山市〈杜の街グレース〉にて開催しておりました「親愛なる友 フィンセント~ 動くゴッホ展」は多くの皆様にご来館いただき、好評のうちに終了しました。

■開催概要
□タイトル
「親愛なる友 フィンセント~動くゴッホ展」〈岡山・杜の街〉ゴッホと出会う感動
□会場
岡山県岡山市〈杜の街グレース〉
(岡山県岡山市北区下石井2丁目10番30号)
□会期
2023年7月4日(火)〜8月25日(金))
53日間

「親愛なる友 フィンセント~動くゴッホ展」は、株式会社ネオスペースが展覧会プロデュースを担当しています。

okayamagohho2023

「親愛なる友 フィンセント~動くゴッホ展」
〈岡山・杜の街〉ゴッホと出会う感動
来場者一万人達成!!

岡山県岡山市〈杜の街グレース〉にて8月25日(金)まで開催中の
「親愛なる友 フィンセント~動くゴッホ展」においてご来場者が一万人を突破いたしました。

多くの観覧者のご来場を賜り、誠にありがとうございます。

多くの方のご来場をお待ちしております。

「親愛なる友 フィンセント~動くゴッホ展」は、株式会社ネオスペースが展覧会プロデュースを担当しています。

okayama2023-01

[親愛なる友フィンセント~動くゴッホ展]
岡山・杜の街グレースにてOPEN!

全国を好評巡回中の【親愛なる友 フィンセント~動くゴッホ展】が、
岡山県岡山市にある杜の街グレースにて開催中。8月25日まで。

デジタルファインアート展の先駆けとも云える本展覧会。民間のコンベンションホールに
て初の開催となります。高さ4m幅9.6mの巨大映像作品を含む約860点が様々な空間演出
の中で展示されます。

オープン初日の7月4日には、取材メディアの皆様もたくさん訪れ岡山県内を中心に全国
に向け報道されています。(例:NHK列島ニュースなど)


■開催概要
■名称:「親愛なる友 フィンセント~動くゴッホ展」 〈岡山・杜の街〉ゴッホと出会う感動
■会期:2023 年 7 月 4 日(火)~2023 年 8 月 25 日(金) 11:00~18:00
※最終入場は 17:00
※金曜日のみ、20:00(19:00 最終入場)まで/最終日のみ、16:00(15:00 最終入場)まで。
■会場:杜の街グレース(岡山県岡山市北区下石井2丁目10番30号)
〈 第 1 会場 〉MORINOMACHI PLAZA(杜の街プラザ)2 階
〈 第 2 会場 〉OFFICE SQUARE(オフィススクエア)3 階

□主催:両備ホールディングス/OHK 岡山放送/山陽新聞社
□特別監修:MDK Digital Pictures
□監修:井坂 健一郎 (山梨大学大学院教授)
   専門 「アートとテクノロジーの融合による芸術環境の創造」
□協力:フォネット/大原美術館/夢二郷土美術館
□企画制作:ワンダースクワッド、ネオスペース

□特別協賛:アートコーポレーション/キリンビバレッジ /コカ・コーラボトラーズジャパン
/安田産業/ライフデザイン・カバヤ

□協賛:中国銀行/三井住友信託銀行/三井住友銀行/明治安田生命
□後援:岡山県/岡山県教育委員会/岡山市/岡山市教育委員会/倉敷市
/倉敷市教育委員会/岡山県文化連盟
/FM岡山/KSB瀬戸内海放送/NHK岡山放送局 /RNC西日本放送/RSK山陽放送 /TSC テレビせとうち

■入場料:一般・大学生 1,500 (1,400)円、中高生 1,000(900)円、小学生 500(400)円
※( )内前売り ※未就学児無料
〈 注意事項 〉
●本展覧会はデジタルファインアート展であり、本物のゴッホ作品は展示に含まれておりません。
●約 1 時間のコンテンツが含まれています。入場時間にご注意ください。
●新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、ご来場の際 にはマスクの着用、手指の消毒、
検温等にご協力をお願い する場合がございます。また、状況によっては記載の会期、
イベ ントの内容等が変更となる場合がございます。 最新の情報は当館ホームページをご確認ください。

〈会場に関するお問い合わせ〉
動くゴッホ展 岡山会場事務局
TEL: 086-232-2177
Mail: gogh_morinomachi@ryobi-holdings.jp
URL: https://morinomachi-grace.jp/moving-gogh/

〈展覧会に関するお問い合わせ〉
ワンダースクワッド事務局
株式会社ネオスペース
担当:樋口
TEL:055-251-9995
URL:https://www.neospace.co.jp
okayama2023-01 okayama2023-02  


[親愛なる友フィンセント~動くゴッホ展]
2023年夏!岡山・杜の街グレースにて開催が決定!

全国を好評巡回中の【親愛なる友 フィンセント~動くゴッホ展】が、 2023年7月4日~8月25日まで岡山県岡山市にある杜の街グレースにて開催が決定しました。 ハリウッド映画で活躍するデジタルアートスタジオが手がけた動くゴッホ作品群。 2017年に日本に紹介され、デジタルファインアート展の先駆けとも云える展覧会です。


■開催概要
■名称:「親愛なる友 フィンセント~動くゴッホ展」 〈岡山・杜の街〉ゴッホと出会う感動
■会期:2023 年 7 月 4 日(火)~2023 年 8 月 25 日(金) 11:00~18:00
※最終入場は 17:00
※金曜日のみ、20:00(19:00 最終入場)まで/最終日のみ、16:00(15:00 最終入場)まで。
■会場:杜の街グレース(岡山県岡山市北区下石井2丁目10番30号)
〈 第 1 会場 〉MORINOMACHI PLAZA(杜の街プラザ)2 階
〈 第 2 会場 〉OFFICE SQUARE(オフィススクエア)3 階

□主催:両備ホールディングス/OHK 岡山放送/山陽新聞社
□特別監修:MDK Digital Pictures
□監修:井坂 健一郎 (山梨大学大学院教授)
    専門 「アートとテクノロジーの融合による芸術環境の創造」
□協力:フォネット/大原美術館/夢二郷土美術館
□企画制作:ワンダースクワッド、ネオスペース

□特別協賛:アートコーポレーション/キリンビバレッジ /コカ・コーラボトラーズジャパン
/安田産業/ライフデザイン・カバヤ

□協賛:中国銀行/三井住友信託銀行/三井住友銀行/明治安田生命
□後援:広岡山県/岡山県教育委員会/岡山市/岡山市教育委員会/倉敷市
/倉敷市教育委員会/岡山県文化連盟
/FM岡山/KSB瀬戸内海放送/NHK岡山放送局 /RNC西日本放送/RSK山陽放送 /TSC テレビせとうち

■入場料:一般・大学生 1,500 (1,400)円、中高生 1,000(900)円、小学生 500(400)円
※( )内前売り ※未就学児無料
〈 注意事項 〉
●本展覧会はデジタルファインアート展であり、本物のゴッホ作品は展示に含まれておりません。
●約 1 時間のコンテンツが含まれています。入場時間にご注意ください。
●新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、ご来場の際 にはマスクの着用、手指の消毒、
検温等にご協力をお願い する場合がございます。また、状況によっては記載の会期、
イベ ントの内容等が変更となる場合がございます。 最新の情報は当館ホームページをご確認ください。

〈会場に関するお問い合わせ〉
動くゴッホ展 岡山会場事務局
TEL: 086-232-2177
Mail: gogh_morinomachi@ryobi-holdings.jp
URL: https://morinomachi-grace.jp/moving-gogh/

〈展覧会に関するお問い合わせ〉
ワンダースクワッド事務局
株式会社ネオスペース
担当:樋口
TEL:055-251-9995
URL:https://www.neospace.co.jp
 


[親愛なる友フィンセント~動くゴッホ展]広島三次
大好評のうちに閉幕

広島県三次市〈奥田元宋・小由女美術館〉にて初のフルパッケージでの開催した [親愛なる友フィンセント~動くゴッホ展]は、17,112人の観覧者をお迎えし、 大好評のうちに幕を閉じました。

過去最高の入場者数を記録し、関係者一同、大変喜んでおります。
次回の開催も是非ご期待ください。

今回の開催
◇展覧会タイトル
[親愛なる友フィンセント~動くゴッホ展]
初のフルパッケージ
◇会場
〈奥田元宋・小由女美術館〉
広島県三次市東酒屋町10453-6
◇会期
2022年9月8日(木)~2022年10月25日(火)
42日間 (9月9日台風のため休館)
動くゴッホ展1-三次2022
動くゴッホ展1-三次2022


ご好評!来場者一万人達成!!

広島県三次市〈奥田元宋・小由女美術館〉にて10月25日(火)まで開催中の
「親愛なる友 フィンセント~動くゴッホ展」においてご来場者が一万人を突破いたしました。

多くの観覧者のご来場を賜り、誠にありがとうございます。

会期は残り1週間!
多くの方のご来場をお待ちしております。
動くゴッホ展1万人-三次2022


[親愛なる友フィンセント~動くゴッホ展]
広島県三次市の奥田元宋・小由女美術館にてOPEN!

「日本中の子どもたちに純粋芸術を!」というコンセプトのもと、 新たなコンテンツも含め初のフルパッケージでの開催です。

◉初公開作品にも注目!
〇ゴッホ作品の中でも特に人気の高い作品[アルルの寝室]。世界に3点存在する〈アルル の寝室〉のうち、1888年10月中旬に着手したとされる最初の作品をモチーフに立体化を試 みた上で、MDKデジタルピクチャーズが制作したデジタルファインアートを正面の窓枠に埋 め込んだインスタレーションとして表現した作品です。
〇ゴッホ・イマーシブアート空間も初公開!
大型マルチ映像を使った先進のデジタルファインアート作品を組み合わせた没入型空間。筆 のタッチを動かしてつくった動くゴッホ作品を使って〈星空〉〈庭園〉〈水辺〉〈農園〉をテ ーマとした空間が次々と現れます。自由に歩き回ることで、自身をゴッホ作品が作り出す光 景の一部であるかのように感じることができる新環境アート空間です。

◉〈関連イベント〉満月の日の特別イベント
会期中9/10(土)、10/10(月・祝)の2日間1日2回のコンサートを開催。
満月の夜にゴッホ作品と共に美しい音色を体感していただきます。

■開催概要
■名称:「親愛なる友 フィンセント~動くゴッホ展」
■会期:2022年9月8日(木)~2022年10月25日(火) 9:30~17:00
会期中の休館日:水曜日
※入館は閉館30分前まで
※9/10(土)・10/10(月・祝)は21:00まで開館
■会場:奥田元宋・小由女美術館(広島県三次市東酒屋町10453-6)

□主催:奥田元宋・小由女美術館/中国放送/中国新聞社
□特別監修:MDK Digital Pictures
□協力:フォネット
□後援:広島テレビ/広島ホームテレビ/テレビ新広島/広島エフエム放送/
   FMちゅーピー76.6MHz/エフエムふくやま/尾道エフエム放送/FM東広島89.7MHz/
   三次ケーブルビジョン/三次市/三次市教育委員会
□協賛:三次ピオーネ生産組合
□監修:井坂 健一郎 (山梨大学大学院教授)専門
   「アートとテクノロジーの融合による芸術環境の創造」
□企画制作:ワンダースクワッド、ネオスペース


■入場料:一般1,200 (1,000)円、高校・大学生600(500)円、中学生以下無料
(常設展観覧料込み)
※( )内は20名以上の団体
※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方は観覧無料

〈 注意事項 〉
●本展覧会はデジタルファインアート展であり、本物のゴッホ作品は展示に含まれておりません。
●約1時間のコンテンツが含まれています。入場時間にご注意ください。
●新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、ご来場の際 にはマスクの着用、手指の消毒、 検温等にご協力をお願い する場合がございます。また、状況によっては記載の会期、イベ ントの内容等が変更となる場合がございます。
最新の情報は当館ホームページをご確認ください。

〈会場に関するお問い合わせ〉
奥田元宋・小由女美術館
TEL:0824-65-0010
URL:https://www.genso-sayume.jp

〈展覧会に関するお問い合わせ〉
ワンダースクワッド事務局
株式会社ネオスペース
TEL:055-251-9995
wondersquad@neospace.co.jp
担当:樋口

動くゴッホ展-三次2022

動くゴッホ展-三次2022


[親愛なる友フィンセント~動くゴッホ展]
広島県三次市で初のフルパッケージバージョンでの開催が決定!

2021 年夏・鹿児島県枕崎市で開催され大きな反響を呼んだ 〈動くゴッホ展〉。 今回新たな展示コーナーが2つ加わり、初のフルパッケージ版が広島県三次市にある奥田元宋・小由女美術館にて下記の通り開催されます。

■開催概要
■名称:「親愛なる友 フィンセント~動くゴッホ展」
■会期:2022年9月8日(木)~2022年10月25日(火) 9:30~17:00
会期中の休館日:水曜日
※入館は閉館30分前まで
※9/10(土)・10/10(月・祝)は21:00まで開館
■会場:奥田元宋・小由女美術館(広島県三次市東酒屋町10453-6)

□主催:奥田元宋・小由女美術館/中国放送/中国新聞社
□特別監修:MDK Digital Pictures
□協力:フォネット
□後援:広島テレビ/広島ホームテレビ/テレビ新広島/広島エフエム放送/
   FMちゅーピー76.6MHz/エフエムふくやま/尾道エフエム放送/FM東広島89.7MHz/
   三次ケーブルビジョン/三次市/三次市教育委員会
□協賛:三次ピオーネ生産組合
□監修:井坂 健一郎 (山梨大学大学院教授)専門
   「アートとテクノロジーの融合による芸術環境の創造」
□企画制作:ワンダースクワッド、ネオスペース


■入場料:一般1,200 (1,000)円、高校・大学生600(500)円、中学生以下無料
(常設展観覧料込み)
※( )内は20名以上の団体
※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方は観覧無料

〈 注意事項 〉
●本展覧会はデジタルファインアート展であり、本物のゴッホ作品は展示に含まれておりません。
●約1時間のコンテンツが含まれています。入場時間にご注意ください。
●新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、ご来場の際 にはマスクの着用、手指の消毒、 検温等にご協力をお願い する場合がございます。また、状況によっては記載の会期、イベ ントの内容等が変更となる場合がございます。
最新の情報は当館ホームページをご確認ください。

◉初公開作品にも注目!
〇ゴッホ作品の中でも特に人気の高い作品[アルルの寝室]。世界に3点存在する〈アルル の寝室〉のうち、1888年10月中旬に着手したとされる最初の作品をモチーフに立体化を試 みた上で、MDKデジタルピクチャーズが制作したデジタルファインアートを正面の窓枠に埋 め込んだインスタレーションとして表現した作品です。
〇ゴッホ・イマーシブアート空間も初公開!
大型マルチ映像を使った先進のデジタルファインアート作品を組み合わせた没入型空間。筆 のタッチを動かしてつくった動くゴッホ作品を使って〈星空〉〈庭園〉〈水辺〉〈農園〉をテ ーマとした空間が次々と現れます。自由に歩き回ることで、自身をゴッホ作品が作り出す光 景の一部であるかのように感じることができる新環境アート空間です。

◉〈関連イベント〉満月の日の特別イベント
会期中9/10(土)、10/10(月・祝)の2日間1日2回のコンサートを開催。
満月の夜にゴッホ作品と共に美しい音色を体感していただきます。

〈ポイント〉
◉ファインアート(純粋芸術)を身近に!
ゴッホ作品を身体で感じる瞬間の連続。幅広い世代の高感度層をターゲットに、純粋芸術(フ ァインアート)の世界への自然な興味醸成も促す新感覚展覧会。多様な映像技術を基盤とし、 ゴッホ作品を理解する新たなアプローチとして体感していただきたいと考えています。

◉ 〈ワンダースクワッド〉が【デジタルファインアート】を日本に紹介!
展覧会の企画制作をした〈ワンダースクワッド〉は、世界的には芸術表現ジャンルとして定 番となり人気を博している【デジタルファインアート】を日本に紹介し浸透させる活動を展 開しています。構成は、ハリウッドで活躍するデジタルアートスタジオのMDKと、映像・通 信技術をサポートするフォネット、空間演出デザインと展覧会プロデュースに定評を持つネ オスペースによるアート空間ユニットです。

〈会場に関するお問い合わせ〉
奥田元宋・小由女美術館
TEL:0824-65-0010
URL:https://www.genso-sayume.jp

〈展覧会に関するお問い合わせ〉
ワンダースクワッド事務局
株式会社ネオスペース
TEL:055-251-9995
wondersquad@neospace.co.jp
担当:樋口

動くゴッホ展-枕崎2021

動くゴッホ展-枕崎2021


【動くゴッホ展】大好評のうちに閉幕!

1万5千人超!(目標8千人・市内人口2万人)のご来場は会場記録大幅更新!

鹿児島県枕崎市立美術館【南溟館】にて開催しておりました【親愛なる友 フィンセント〜動くゴッホ展(SPECIAL EDITION)】は、 15,656人の鑑賞者をお迎えして、大好評のうちに幕を閉じました。

コロナ禍+台風の直撃と難しい環境下でしたが、ソーシャルディスタンスの新たなスタイルを確立しながら、 安全に目標の2倍近い入場者数を達成できたことを関係者一同、大変喜んでおります。
次回の開催にご期待ください。

今回の開催
◇展覧会タイトル
【親愛なる友 フィンセント〜動くゴッホ展(SPECIAL EDITION)
◇会場
〈枕崎市文化資料センター南溟館〉
鹿児島県枕崎市
◇会期
2021年7月11日(日)~2021年9月5日(日)
56日間(台風の影響で8月17日臨時休館)
◇感染症防止対策
・入場制限(独自方式)
・コンテンツ改変 他


感謝!ご来場者数一万人を突破!!

鹿児島県枕崎市〈枕崎市文化資料センター南溟館〉で開催中の
【親愛なる友 フィンセント〜動くゴッホ展(SPECIAL EDITION)】において
ご来場者数が一万人を突破いたしました。

多くの観覧者のご来場を賜り、誠にありがとうございます。

※ソーシャルディスタンスに配慮した会場づくりを心がけている他、
適宜入場制限を施すなど感染症拡大防止に配慮しています。


ご好評!
来場目標の8,000人を突破!!

鹿児島県枕崎市〈枕崎市文化資料センター南溟館〉で開催中の
【親愛なる友 フィンセント〜動くゴッホ展(SPECIAL EDITION)】において
開催期間前半で、ご来場者数が目標の8,000人を突破いたしました。

多くの観覧者のご来場を賜り、誠にありがとうございます。

※ソーシャルディスタンスに配慮した会場づくりを心がけている他、
適宜入場制限を施すなど感染症拡大防止に配慮しています。


「親愛なる友 フィンセント〜動くゴッホ展
(SPECIAL EDITION)」開催中!

全国展開の第一会場、鹿児島県枕崎市文化資料センター南溟館にて 「親愛なる友 フィンセント~動くゴッホ展(SPECIAL EDITION)」開催中。
◉初公開作品にも注目!
今回は、フルパッケージより主要作品を抜粋したスペシャルエディションとして開催中。 ゴッホシアターは、感染症に配慮し、上映時間を短縮してパネル展示と共に再構成し た〈ゴッホの手紙編〉。 今回初公開となる【2本の切ったひまわり】にもご注目 ください。

※ソーシャルディスタンスに配慮した会場づくりを心がけている他、適宜入場制限を施すなど感染症拡大防止に配慮しています。

※会場限定グッズも数多く揃えた[動くゴッホ展オフィシャルショップ]も好評開催中です。

■会期:2021年7月11日(日)~2021年9月5日(日) 9:00~16:30(17:00閉館)期間中無休
■会場:枕崎市文化資料センター南溟館(鹿児島県枕崎市山手町175番地)
■入場料 一般1,000円(前売券800円)高校・大学生800円(前売券600円)
※中学生以下は無料
※障害者手帳提示(本人+付添人1名)半額
※消費税込価格。
□プレイガイド(前売券購入先)

・チケットぴあ(※Pコード 685700)


〈 会場に関するお問い合わせ 〉
枕崎市文化資料センター南溟館 TEL : 0993-72-9998
〈 展覧会に関するお問い合わせ 〉
ワンダースクワッド事務局
株式会社ネオスペース
TEL:055-251-9995
wondersquad@neospace.co.jp
担当:樋口
動くゴッホ展-枕崎


「親愛なる友 フィンセント〜動くゴッホ展
(SPECIAL EDITION)」九州初上陸!

初めての体験…驚きと発見に満ちた新たなアート展。
先進のデジタル技術によって命を吹き込まれた作品展がいよいよ本格全国巡回を開始!
鹿児島県枕崎市にて2021年7月11日(日)より開催決定!

今・・ゴッホのタッチが動き出す。
ゴッホが本当に描きたかった心情表現に迫る。

 〈 フィンセント・ファン・ゴッホ 〉 26歳で絵画を志したオランダの青年…37歳で閉じた
不遇の生涯で約2000点もの作品を残した孤独と狂気の画家。後に近代美術の父と呼ばれた短くも
色濃いゴッホの数奇な画家人生を垣間見ながら、最先端のデジタル技術によって命を吹き込まれた
作品群を体感。権利クリアに5年の歳月をかけ、世界中から蒐集した約860点の作品が、
満を持して一堂に会す〈新ゴッホ芸術空間〉です。
 ファン・ゴッホが弟テオとの手紙に綴った究極の心情に着目。手紙に描かれた、ゴッホが本当に
描きたかった情景に最新のCG技術で迫る!躍動する絵筆のタッチ…… 米国ハリウッドを中心に
映画版バイオハザード®〉を始め、50作品を超える映画作品にCGI[3DCGアニメーションや
VFX(特殊効果)など]を提供してきたデジタル映像界の異才スタジオ[MDK]が紡ぎだす驚きの表現世界。

 ゴッホ作品をカラダで感じる瞬間の連続。幅広い世代の高感度層をターゲットに、純粋芸術
(ファインアート)の世界への自然な興味醸成も促す新感覚展覧会。ゴッホ作品を理解する新たな
アプローチとして体感していただきます。
 日本各地を巡回した後、アジアに展開する予定の【親愛なる友 フィンセント〜動くゴッホ展】。
今回は、フルパッケージより、主要作品を抜粋してのスペシャルエディションとして、感染症
予防にも配慮した展示コンテンツによる開催です。

必要な取材と共に貴メディアでのお取り扱いを宜しくお願い致します。
〈 展覧会に関するお問い合わせ 〉
ワンダースクワッド事務局
株式会社ネオスペース
TEL:055-251-9995
wondersquad@neospace.co.jp
担当:樋口
https://www.neospace.co.jp/wondersquad/index.html
■催事名:「親愛なる友 フィンセント~動くゴッホ展(SPECIAL EDITION)
■会期:2021年7月11日(日)~2021年9月5日(日) 9:00~16:30(17:00閉館)期間中無休
■会場:枕崎市文化資料センター南溟館(鹿児島県枕崎市山手町175番地)
□主催:枕崎市、枕崎市教育委員会
□共催:南日本リビング新聞社
□後援:枕崎市文化協会、枕崎国際芸術賞展支援協会、枕崎市観光協会
□特別協力:文化庁「ARTS for the future!」補助対象事業
□特別監修:MDK Digital Pictures
□監修:井坂 健一郎 (山梨大学大学院教授)専門 「アートとテクノロジーの融合による芸術環境の創造」
□協力:フォネット
□企画制作:ワンダースクワッド、ネオスペース
■入場料 一般1,000円(前売券800円)高校・大学生800円(前売券600円)
※中学生以下は無料
※障害者手帳提示(本人+付添人1名)半額
※前売り券の販売は7月10日(土)まで※消費税込価格。
□プレイガイド(前売券購入先)

・チケットぴあ(※Pコード 685700)


□注意事項
・本展覧会は動くゴッホ展フルパッケージより、主要作品を抜粋して再構成した展覧会です。
・本展覧会はデジタルファインアート展であり、本物のゴッホ作品は 展示に含まれておりません。
・約1時間のコンテンツが含まれています。入場時間にご注意ください。
※デジタルファインアート展
 純粋芸術を題材に、コンピュータグラフィックス技術を使った作品を集めた展覧会
□南溟館でのコロナ対策
・ 入館時に、非接触型温度計による体温測定を実施します。
・ 館内に手指消毒液を設置しています。
・ 館内は、大型空気清浄機を完備し、除菌を行っています。
・ 南溟館スタッフは毎日検温を行い、健康をチェック。また、マスクや手袋を着用するなど、
衛生管理を徹底します。
・ 入口および各展示室等において、入場制限を設けます。
※感染症拡大予防の観点から展覧会PR初期に配布した告知チラシ内容より展示物を
一部変更しております。ご承知おきいただいた上でご入場をお願い致します。
【感染症予防に関するコンテンツの変更点】
・『ゴッホシアター』が約25分と長時間の密集となることから、内容を初公開映像
『2本の切ったひまわり』を加えながら短縮し、パネル展示と共に再構成する改変を加えております。
・展示予定であった『今は風景を見続けていたい』が閉塞空間となることから特別展示
『窓辺で風に揺れるひまわり』に変更しております。
〈 会場に関するお問い合わせ 〉
枕崎市文化資料センター南溟館 TEL : 0993-72-9998

【親愛なる友フィンセント 動くゴッホ展】企画書
最新版のご案内

ご好評いただいております、『親愛なる友 フィンセント〜動くゴッホ展』。プレ展での
アンケート結果やご意見を頂く中、展示内容のさらなるブラッシュアップを重ねております。
全国巡回に向け、企画書の最新版が出来ました。
開催へのご検討を賜りますよう、お願いいたします。
ご要望、ご不明な点などございましたら何なりとお問い合わせ下さい。

【親愛なる友 フィンセント〜動くゴッホ展】
実行委員会/ワンダースクワッド事務局(株式会社ネオスペース)
TEL:055-251-9995
wondersquad@neospace.co.jp

担当:樋口


【親愛なる友 フィンセント~動くゴッホ展】(プレ展)
好評のうちに終了いたしました。

長野県松本市【信毎メディアガーデン】にて2019年12月20日〜2020年1月10日に開催しておりました
【親愛なる友 フィンセント~動くゴッホ展】(プレ展)は、主要な展示物を抜粋した縮小展による展開でしたが、
目標を大きく上回る総入場者数12,244人とおかげ様でたいへん多くの反響をいただき、
好評のうちに会期を終えました。

ゴッホの画家人生が23分間でわかる【ゴッホシアター】、高さ5メートルの動く【ひまわり】や
ほぼ全てのゴッホ油彩作品860点を網羅した【アーカイブ・ホール】は特に好評でゴッホの数奇な画家人生に
思いを寄せる方が多く見受けられました。

覧会オフィシャルショップは、ストーリーブック(パラパラ動画付き)やゴッホの人気作品を施した
ランチョンマット、ハンカチなどの多数のオリジナル商品にゴッホ関連の輸入雑貨などを揃え、約100m離れた
[松本パルコ・特設会場]にて開催でしたが多くのお客様にご来店頂きました。

SNS「#動くゴッホ展」での書込みは100件以上となり高い満足度を反映したコメントを多数頂きました。

開催に関するお問い合わせやご要望も多数頂く中、今後コンテンツの更なるブラッシュアップを重ね、
全国巡回へ向けて準備を進めて参る所存でおります。


ご来場者数1万人突破!!

長野県松本市[信毎メディアガーデン]で好評開催中の
【親愛なる友 フィンセント~動くゴッホ展】(プレ展)において
本日ご来場者数1万人を突破いたしました。

多くのお客様にご来場賜り、誠にありがとうございます。

「親愛なる友 フィンセント~動くゴッホ展」プレ展開催中!

長野県松本市信毎メディアガーデンにて「親愛なる友 フィンセント~動くゴッホ展」プレ展開催中。

ゴッホの数奇な生涯を体験するシアターや高さ5mのひまわりなど、主要な展示物を抜粋した密度の 高い展示です。

■会期:2019年12月20日(金)~2020年1月10日(金)10:00~18:00
※12月31日(火)、1月1日(水)は休館 ※金・土曜日は19:00まで ※最終日は16:00まで
■会場:信毎メディアガーデン1Fホール(長野県松本市中央2-20-2)
■入場料;一般・大学生1,000円 中学・高校生500円
〈会場に関するお問い合わせ〉
信濃毎日新聞松本支社  まちなか情報局 TEL:0263-32-1150
https://www.shinmai-mediagarden.jp/event/1927.html
〈展覧会に関するお問い合わせ〉
ワンダースクワッド事業局 株式会社ネオスペース TEL:055-251-9995(樋口)


オフィシャルショップ 期間限定で松本PARCOにOPEN!

動くゴッホ展(プレ展)に先駆け12/13(金)より期間限定で松本PARCOでオフィスシャルショップがオープンします。

オリジナルの商品やゴッホ関連アイテムを多数ご用意しております。

12/13(金)~24(火):2F特設会場

12/25(水)~1/10(金):1F特設会場

会場:長野県松本市中央1-10-30

営業時間:10:00-20:00

※詳しくはこちら

https://matsumoto.parco.jp/pnews/detail/?id=5289


「親愛なる友 フィンセント〜動くゴッホ展 」プレ展開催決定!

日本各地・アジア展開に先駆けて、長野県松本市にてプレ展開催決定!今年の12月20日から初公開!

■催事名

「親愛なる友 フィンセント~動くゴッホ展(プレ展)」

■日 程

2019年12月20日(金)~2020年1月10日(金) 10:00~18:00
※12月31日(火)、1月1日は休館 ※金・土曜日は19:00まで ※最終日は16:00まで

■会 場

信毎メディアガーデン1Fホール(長野県松本市中央2-20-2)

□主催

信濃毎日新聞社、abn長野朝日放送、ワンダースクワッド

□協力

松本パルコ、フォネット

□特別監修

MDK Digital Pictures

□企画制作

ネオスペース

□後援

松本市、塩尻市、安曇野市、松本市教育委員会、塩尻市教育委員会、安曇野市教育委員会、松本観光コンベンション協会、長野県保育連盟、長野県私立幼稚園協会・認定こども園協会、長野県美術教育研究会、松本市美術教育研究会、FM長野、テレビ松本、FMまつもと (順不同・申請中)

□入場料

一般・大学生1,000円(前売券900円) 中学・高校生500円
ペアチケット(一般・大学生 2枚/前売券の販売のみ)1,600円

※小学生以下は無料。※障害者手帳提示(ご本人のみ)入場無料。※消費税込価格。

□前売券発売日

10月25日(金) ※前売券の販売は12月19日(木)まで。

□プレイガイド(前売券購入先)

・ 信毎メディアガーデン1F まちなか情報局(9:00~19:00)

・ セブン-イレブン(セブンチケット)

□割引サービス(当日券100円割引)

facebook、Instagram、Twitterの投稿画面提示 「# 動くゴッホ展」※割引サービスは併用不可。

□特典

チケット半券サービス(信毎メディアガーデン各店、松本パルコで受けられるお得なサービス企画がございます)

□注意事項

・ 本展覧会は「動くゴッホ展」を縮小し、全国に先駆けて特別に公開するプレ展です。

・ 本展覧会はデジタルファインアートであり、本物のゴッホ作品は展示に含まれておりません。

・ 約1時間のコンテンツが含まれています。入場時間にご注意ください。

・ 会場内混雑の際には、入場制限をさせていただく場合があります。

・ 当施設に専用駐車場のご用意はありません。公共交通機関や周辺有料駐車場をご利用ください。

〈 会場に関するお問い合わせ 〉

信濃毎日新聞松本本社まちなか情報局 TEL:0263-32-1150

〈 展覧会に関するお問い合わせ 〉

ワンダースクワッド事務局 株式会社ネオスペース TEL:055-251-9995(樋口)